読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうの箱。

A boxful of smiles.

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの釜めし。

きょうの箱。

きょうの箱。鯛と筍と菜の花。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

『おべんとうと日本人』草思社/著・加藤文俊 @who_me を読了。毎日お弁当を作る人・食べる人にぜひ読んでほしい!お弁当箱に詰められているものとその向こうにあるものを思い、読後とても心が温かくなりました。 pic.twitter.com/16hhNl3JuP — kitchen hime …

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

きょうの箱。

月刊『清流』(シブいです)3月号の「著者に聞く」で『おべんとうと日本人』を紹介していただきました。

きょうの箱。

きょうのスープジャー。

きょうの恵方巻。

あけましておめでとうございます。ではさっそく、きょうの箱。カキ初めします。

そして、12月8日発売の『婦人公論』にも、『おべんとうと日本人』の取材記事が載りました。

今朝の『新報道2001』で、ほんの一瞬、紹介していただきました。

12月4日発売の『ELLE a table』は、「ギャザリングしよう!」という、なんとも楽しげな特集です。本のコーナーに『おべんとうと日本人』の取材記事が載っています。(ぼくが、まるで代々木公園?な某所でおべんとうを食べる写真入り。)